ビマナが環境トップになれない理由 ②

 

 

②ドラグハートのカードパワーに押し負けてる理由について
ドラグハートが開発されてから、現在も尚、環境トップで活躍し続けている。


最近では、革命チェンジのギミックを加えたモルトネクスト、ロージアダンテ。
宇宙開発を安定的にできる緑単ループ、皇帝ヘルボロフループなどが主に活躍している。

 

まずモルトネクストには、伝説のレジェンド・ドギラゴンや永遠のリュウセイ・カイザー、次元龍覇グレンモルト「覇」等の"攻め+守り"ってカード存在する。

 

永遠龍と役割が似ているプチョヘンザを比較しよう。プチョヘンザは、条件付き+自分の盤面まで影響するので守りの要素が強い。素出しで弱い面があり、その守りもマナが足らなかったら相手から守れない時もある。

 

対して永遠龍は安定して相手のクリーチャーをタップでき、ハンデスされて早期にでてくると相手に除去強制させる。 ネクストがSAとなり閣のギミックが強くなる。
スクチェが殿堂して弱体化したがネクストに入れると"攻め+守り"として使えるのは間違いないだろう。

f:id:mygn0123263:20170725154212j:image

 

レジェドギみたいなカードは、鬼丸覇がある。しかし、鬼丸は殿堂+レジェドギを仮にビマナに入れたとしても枚数を多く入れられない+火のカードが弱いこともあって噛み合わないことが多い。

f:id:mygn0123263:20170725154757j:image

 

グレンモルト覇は、非常に器用な動きができる。
ビマナ相手にはネバーエンド。ビートダウン相手にはジュダイオウ。 盤面を除去したい場合は、ガイオウバーンなど様々な面で活躍できる。

f:id:mygn0123263:20170725154325j:image

 

ではビマナにはこういった中盤以降で器用な動きや"攻め+受け"という札があるのだろうか⁇ 答えは"No"だ。


中盤以降は呪文で上手く誤魔化すか不安定なプチョヘンザ、序盤にブーストが決まらなかったらブーストせざるを得ない。
寧ろモルト覇やモルトネクストみたいな平均的に5〜6ターン出すカードにおいてのカードパワーは負けている。

 

"攻め+受け"よりもビマナなら"受け"でしょって疑問があると思う。
しかし、これはロージアダンテを比較すると分かりやすい。


5〜6ターン目に安定してドラサイヘブンズロージアからのヘブヘブorエンヘブorバトライ閣を行える。そして秘術ミラクルスターも強い。

 

ヘブヘブは、毎ターンの終わりに強力ブロッカーを出せ、中盤に横に展開することに優れている。つまり強力な受けを作ることが出来、龍解したらビマナでも手に負えないほどの火力がブチまけられる。
バトライも、ヘブンズゲートなどで龍解が容易になり、ヘブヘブとともに横に広げるのに長けている。

f:id:mygn0123263:20170725154521j:image

 

ミラダンテⅫにおいては、5〜6ターンでビートダウンに対して出すことによって修羅VAN以上の役割を果たせることが出来る。5コス以下の呪文も唱えられ再びロージアや秘術で手札のリソースも稼げる。

f:id:mygn0123263:20170725154409j:image

 

秘術ミラクルスターは、スペルループ相手に絶対欲しいミラクルストップを半永久的に保持したり、リソース回復してハンデスに対抗出来たりする。
ビマナにも入っているが、ヘブヘブが無いのでロージアダンテほど強く扱えてないのが現状だ。

f:id:mygn0123263:20170725154503j:image

 

まとめると"守り"として強い札もドラグハートというカードによって負けている+ロージアダンテの方が受けが強く、盤面を支配がビマナよりも早い点から考えると
中盤4〜6ターンの間にドラグハート並みのカードがないことによって、ロージアダンテと差別化出来ていない。

 

殿堂前の緑単ループなんて5〜6ターンで実質VAN,ナイン,モアイが出来てしまう。 緑単ループ握った方が強いのではないか⁇って意見も事実だ。

f:id:mygn0123263:20170725154642j:image

(殿堂しろ) 


大量に殿堂したカードがどれだけ影響したことだろうか。 終盤以降になると確かにビマナの方がカードパワーは強いが、もう遅い。

完璧な支配とは言えないが、中盤においてカードパワーが勝ってるドラグハートに軍配が上がる時代なのだ。

 

①で述べたように公式が4〜6ターンで宇宙カードを出すことは今後起こりにくい故に
ドラグハート使ったデッキの方が良いのではないかと思ったりする。カードパワーが押し負けてる現状、どうしようもないことである。