僕がビマナを握らなくなった理由 ③ラスト

 

 

③結局ビートダウンした方が強い理由
タカラトミーさんは、デュエマにおいて殴って勝つってことを推奨している。
理由としては公式サイトのブログで伝わってくるし、実際最近の弾の傾向としてビートダウン推奨ばかりだ。

 

 

勿論プチョへンザやテック団などのビマナ向けカードも開発してるが、中盤に強いカードではない為、結局環境トップには至っていない。


どうしても守ってから支配するデッキってのは欠点がある。 "盾が強くなければ弱い"ってことだ。

あの受けの強い天門でさえも、ジャスキルが通ることがあり、通らなかったとしても次のターン勝てることもある。

つまり盾が強い+手札にパーツが揃ってないと勝てないことも多々あるのだ。

 

そもそも本当に強いトリガーというのは非常に限られる。 盾から来れば勝てちゃうほどの強いカードを作るとデュエマのコンセプトが崩壊しかねないので、崩壊しない+ワンチャン逆転!くらいな感じで公式は作っている。

 

加えてビマナには、ビートダウン相手に盾強い+手札にブーストが来ないと負けることが多い。 その要求値を期待するくらいだったら、僕は安定して相手を殺せるデッキを選びたくなった。

 


さて、話は変わるが、ドギラゴン剣ってカードが出て1年経つが、イーヴィルが殿堂したにも関わらず、未だに環境の第一線を走っている。

f:id:mygn0123263:20170725155923j:image


要求値はある程度あるが、単騎ラフルルといった実質VAN+大王のジャスキル以上打点で殴ることがビマナより早く容易になり

 

バスター+アパッチorリンネで人を殺せて、阻止されたとしても相手はこれらを全部殺すor相手のノートリ信じてジャスキルと二択の選択肢に狭められ、アパッチにはbig効果付きという非常にメンドくさい盤面を形成してくる。

 

盤面を一瞬で支配出来、単騎ラフルルが成功したらビマナと同じ支配も可能なドギラゴン剣。。。正直このカードに"支配する"ということをビマナは取られてる気がする。"ほぼ完璧に支配する"を現環境でしたいならバスターを握るのが最適解だと思う。

 

そして何よりビートダウンは、カードパワーが低いが故に、殴るタイミングなどの最適解を出すこと+相手との駆け引きが、非常に重要になってくる。これがデュエマの醍醐味だと僕は思っている。

 

つまり、ビートダウンを推奨すること="プレイングが要求され構築論も試されるデュエルマスターズ"を公式が目指してることだと僕は捉えている。


それに、公式のカード出す前の調整には、批判も多いが、軸となるコンセプトはほぼ崩れてない感じもする。

そして、数をこなせばこなす程、最適解が分かるようになったり、無限にプレイングが上手くなる可能性を秘めてるビートダウンに僕は魅了されてしまった。

 

3つのことをまとめると

公式がビマナを推奨していないが故に4〜6ターンの動きが弱くドラグハートに負け

盾+ブーストを引かないと勝てないしビートダウンで公式の推奨通りにビートダウンを磨けば勝ちが多いことに気づいたと言った所である。

 

以上の理由で僕は、ビマナを握らなくなった。 嫌いになった訳じゃない。 今でも大好きだ。

だが、今はCSで勝ちたい。。。

 f:id:mygn0123263:20170725155742j:image

 

 

くれまる